私を悲しませた奴みんな不幸になーぁれ♪

昔の恨みつらみ…明るく書き綴りて行きたいです。

婚活に行く友達③

人見知り友達が、気にしている男性は、

ある社会人スポーツチームに所属していました。


近々、練習試合があるらしく、

じゃぁ観に行こう!


とグループラインで、

約束にこぎつけたわけです。


私は、ちょっとしたマネージャー気分。

私も結構、楽しんでましたよ。


30過ぎて、

スポーツ頑張る男の子たちを観るなんて、

なんて爽やかなんでしょうってね。


ちなみに彼らは1〜2歳ほど

年下でした。30前後だったかな。


ちなみに、私は、彼らの誰かとどうこう…てのは考えてませんでした。

楽しいけどね。


私に男友達という概念はないので、

その人見知り友達が、気になる人とどうにかなればそれでいいと思ってました。


練習試合の前に、

人見知り友達とお茶をして、

夕方、彼らの練習試合を、観に行きましたけど…


観に来る人たち私達だけじゃないんですよ。


相手チームにも、観に来てる人たちいますし、なんならファミリーでパパを応援してたり、なかなか和気あいあいとしてるんです。


でも、人見知り友達は、

今日も人見知り炸裂。



「こっち来ると良く見えるよ!」

彼らの1人が、良く見える場所を、案内してくれたんですが、


人見知り友達は、イヤダイヤダと首を振り、

控えめに奥で見るんだと動こうとしません。



…誰が私たちにそんなに注目する?

私たち、誰もが振り向くような、女優でもモデルでもないし!


あはは!誰狙ってるのかな?

あの子達ってニヤニヤされてるかもしれないけど、

それ、当たり前なんだから良いじゃない笑。


むしろ男としては嬉しいよね?

私なら試合まで見てくれて、嬉しいけどな?


まぁ私が見やすいところに移動したので、

人見知り友達も嫌がりながら、

私の方に来ましたよ。


そのスポーツ自体に詳しくはないのですが、

男の子たちが爽やかにスポーツしてる姿は良いですね!


さりげなく見せてきた割れてる腹筋も、最高でしたね笑笑!

あとでその男の子に、「割れててすごいね!」

って言ったら


「そうだよ!だから見せたんだよ笑!」

となんとも素直な発言!私もキュンときましたねー!


まぁ、

人見知り友達が、終始モジモジているので、

彼らは、私に話しかけてくる訳です。


友達を気にして話しかけてくれる男の子もいますけど、

やっぱり人見知り炸裂。

頑張って顔引きつりながらなんとか答えている状態。

私も一応フォローしますけど、

疲れて来ました。



私にとって良い経験となった、

彼らのスポーツの練習試合観戦ですが…


人見知り友達は、

気になる男の子が私ばかりに話しかけていたので…


彼女、

そういうのあるとすく諦めちゃうんですよね。


自分から話しかけていかないと、

自ずと話しかけやすい子に男が流れるというの、大体決まっているのに。


男女反対でもそうですよね?

話しやすい人と話したいでしょう?


そして人見知り友達は、

今度は、違う男の子を気にしだしました。

割とその人見知り友達に話しかけてくれてた男性がいたんですよ。


優しそうな感じで。


てか、自分を気にかけてくれそうな人なら、誰でも良いんかーい笑。


「その人にすれば?」と私はすかさず提案。

すると彼女はまたデジャブ発言をしてきます。



「なんかあの人、子供いたり、結婚してるんじゃないかなぁ?言わないだけで」

と来たもんだ!笑



いや妄想も大概にしろよ笑

そうやってアタック出来ない理由作るんじゃねーよ笑。


たいして仲良くもなってないのに、

君は占い師か何かなのか?笑


まぁそんなんなので、

人見知り友達は、アタックも何もできる訳がない…

といった感じなのでした。


グループラインも、

数週間くらいは続いてたんですけどね〜


一体、

何がしたいんだかわからない女たちに、

彼らも付き合って行くのしんどくなりますよね。


次第に自然消滅!

といった形で終了するのでした。


…だから彼氏できないんだよ!

30過ぎにもなって、どうしてそんなに人見知りを大事に育てているんだ?!笑


友達として仲良くする私も、

次第に疲れて行くのでした。



続きます。